文字を書くたびに心が躍る。

「成長」する「喜び」を感じたい。
自分の可能性を広げたい方を応援します。

レッスン内容について

筆を持つのは子供の時以来です。大丈夫ですか?

初心者の方、大歓迎です。筆のおろし方、洗い方、道具のお手入れの仕方から、丁寧にご指導いたします。 もし筆をお持ちでなかったら、都内にあちこちある筆屋さんをご紹介いたします。 ご自身のご都合の良い所でご購入なさってください。

随分前の道具があります。これは使えますか?

ほとんどの場合、お使いいただけます。 ただ、場合によっては買い替えた方が良いこともございます。一度道具をお持ちいただいて、ご相談いただければと思います。

私でも上達しますか?

書道は、やればやるほど上達いたします。 年齢は関係ありません。 コツを惜しみなく伝授いたします。

上手くなる秘訣は何ですか?

大事なのは、

1.どうやったら上手く書けるのか、方法を知ること

2.1.を何度も実践して、自然にできるようになるまで練習すること

この2点です。多いのが、1で終わってしまい、2をおろそかにしてしまうパターンです。 よく、「交渉力」「営業力」「くよくよしない方法」などいろいろな方法論が出ていますが、 知って理解しただけでは人生は変わりません。骨に染み込むほど、実践を繰り返し、頭で考えなくても動けるようになることが大切です。

セミプライベートレッスンとは何ですか?

ご家族で、ご友人同士でお申し込みいただくレッスンです。2~3名様集まれば開催できます。 出張しての開催も可能ですので、ご相談くださいませ。

このページのトップへ

レッスン予約・受講料について

プライベート・セミプライベートレッスンの予約はどうすれば良いでしょうか?

毎回予約することも、1クール(3回)まとめて予約することも可能です。 お問合せ画面よりお気軽にお問い合わせくださいませ。

プライベート・セミプライベートレッスンのレッスンのキャンセルはできますか?

はい、可能です。 前々日の17時までにご連絡ください。 それ以降は、1回消化したことになります。

書道塾を欠席してしまった場合、振替はありますか?

残念ながら振替はできません。 次の回に、お休みした期間にご自宅で練習した作品をご持参いただければ、添削いたします。

受講料のお支払い方法について教えてください。

事前にお振込みくださいませ。 振込先は、お申し込み後、お知らせいたします。

このページのトップへ

講師について

先生は、子供のころから書道を習っていたのですか?

はい。父が書道好きで、私も自然と書道が好きになりました。 だからといって、子供の頃から書道を習わないと、上手にならないというわけではありません。 個人差はありますが、大人になってからでも、何年か真面目に書き込む時間を持つことで、高レベルな技術を身につけることができます。 私が仮名を始めたのは、30代になってからです。2年間、ほんの数分、毎日書き続けました。 持続することで技術を身につけることができました。 励ましてくださる良い師匠に恵まれたということも大きかったと思います。 つまり、年齢は関係ありません。いつ初めても遅くはありません。

講師は何級ですか?

講師は書道芸術院の審査会員です。10級から始めて、5段→準師範→師範を経て、審査会員候補、そして数年前に審査会員になりました。 審査会員候補になるためには、展覧会で上位賞を何回か受賞する必要があります。さらに、審査会員になるには、展覧会でさらに上位の賞を2回受賞する必要があります。つまり、かなり狭き門です。 村野先生はじめ沢山の先生方、諸先輩方のご指導のお陰でここまでくることができました。感謝の気持ちでいっぱいです。 そのご恩返しのためにも、できる限り多くの方に書道の楽しんでいただける機会を作りたいと思っております。

書道芸術院とは何ですか?

公益財団法人書道芸術院は戦後すぐに作られた書道団体で、戦後の書道を牽引してきました。毎日書道展・読売書道展・日展等よりも古い歴史を有する伝統的な書道団体です。 革新的な書道芸術に熱心に取り組み、前衛書部があるのが特徴です。講師も前衛書部に所属し、日々書道の革新的表現を模索しています。

このページのトップへ

Copyright(c) 2016 日向庵書道教室 All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com